フェラガモについて

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo|1898年 - 1960年|フェラガモの創業者)は、1898

年にイタリアのボニートで生まれました。サルヴァトーレ・フェラガモは、幼い頃から靴屋で働き(11歳の時

、靴屋を開業)、15歳の時にアメリカへ渡ります。サルヴァトーレ・フェラガモは、後に「夢の靴職人」の別

名を持つことになります。イングリッド・バーグマン、マリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーン、ソフ

ィア・ローレン、マレーネ・ディートリッヒ、ジュディ・ガーランド、カルメン・ミランダ、キャサリン・ヘ

プバーンなどハリウッド俳優や有名人を顧客にし「スターの靴職人」と名声を得ます。サルヴァトーレ・フェ

ラガモは、足を痛めない靴を製作するため、南カリフォルニア大学で解剖学を修めました。1927年、サル

ヴァトーレ・フェラガモはイタリアに戻りフィレンツェで「フェラガモ」を開業しました。大恐慌の余波を受

け1933年一度倒産するも、王侯、貴族や有名人の顧客を獲得し復興します。サルヴァトーレ・フェラガモの靴

作りの信条は、流行を追い求めるだけでなく、足にフィットする履き心地の良い靴を作ることでした。サルヴ

ァトーレ・フェラガモは、顧客の足に触れただけでその人物の体調すらわかったとも言われています。そのた

めサルヴァトーレ・フェラガモは、誰もが考え付かない形状や素材を利用した靴を生み出します。たとえば甲

部を透明なナイロンの糸で作った「見えない靴」や波状の「ウェッジ・ヒール」、「フラットフォームソール

」などを発表。350もの特許を取得しています。彼の死後もブランド「フェラガモ」は、妻ワンダや子供た

ちに受け継がれトータルファッションブランドとなっています。1967年、サルヴァトーレ・フェラガモの

次女のジョバンナが、トータルファッションを展開します。それは、靴だけでなくアクセサリーやレディース

・メンズのプレタポルテを含めたものです。その中では、スカーフのためのものだったデザインをバッグや靴

、クッションなどに採用されたり、スカーフそのものから作られたブラウスやドレスも登場しました。200

0年の秋冬コレクションからはマーク・オディベ(「エルメス」、「トラサルディ」などで活躍)が、フェラ

ガモのレディースデザインを担当します。2002年秋冬コレクションでフェラガモは、初のスニーカーライ

ン「FREEDOM」を発表しました。2003年の春夏コレクションからは、グレエム・グラック(「アル

マーニ」で活躍)がデザイナーに就任しています。現在、フェラガモを支えているのは、サルヴァトーレ・フ

ェラガモの長男であるフェルッチオ・フェラガモです。副社長には、次女のジョヴァンナ・ジェンティーレが

就任しています。日本においては、2003年、銀座中央通りに日本で展開する店舗として最大規模のフェラ

ガモ「旗艦店」をオープンさせています。
[PR]

# by ferragamoshop | 2012-06-28 18:18